症状とは:・朝起きた時に『腰が痛い』、起...

・朝起きた時に『腰が痛い』、起きてしばらく動いているとそのうち痛みが取れてくます。
このようなケースでは、寝ているときに血行が悪くなっていると考えられます。
動いていると血液が巡ってきて、痛みが取れることが多い症状です。
・前日に重たいものを持って翌日に『腰が痛い』ケース。
これは筋肉中に疲労物質が溜まり、血行不足になり発痛物質が発生、腰痛が出たと考えられます。


腰痛対策の根幹は、早期発見・早期治療です。
椎間板ヘルニアのような症状になる前に、きちんとした腰痛対策をするべきです。
今回は前回のひどい腰痛で逃げ場がなくなる理由を質問いただいたので解説したいと思います。


腰痛対策をするには、人任せではいけありません。
マッサージや整体などに通っても、自分自身の意識が腰痛を改善することに向かっていなければ、時間とお金を無駄にすることになります。
その場は楽になっても、しばらくすると腰痛が発生し、確実に苦しむことになります。
自分自身で悪い血を流せるようにすることが必要です。


実は通常人間の身体はいろいろな逃げ場があります。
人間の身体は頭から足先までらせん状に連動しています。
通常の健康を保っている人は、しなやかな筋肉や靱帯、関節を持っているため多少の引っ掛かりなどは吸収してしまう能力を持っています。
ちなみに健康体の人でも誰しも骨や筋肉の出っ張りはあます。
上記のように身体が全て吸収しているため気づかないだけなのです。


腰痛対策に必要な血行不足でありますが、その決行不足のメカニズムを少し解説することにします。
ちょっと難しいかもしれないが自分自身の身体のことです。
知識を持つことはとても有意義であると思います。
腰痛は身体のバランスが崩れることによって生じることが多いです。
身体全体を知っておくことも大事です。




関連記事

関連情報はここから⇒          

腰痛の対策
posted by 腰痛の対策 | 早期
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。