動脈情報:動脈は血管自身の拍動で『血』を...

動脈は血管自身の拍動で『血』を送り出す力を持っています。
静脈は血管壁が薄く血管自身で『血を』を送り出す能力は低いです。
静脈は、動脈に寄り添うようにして走っており、動脈の拍動の力と、筋肉の動き(筋ポンプ)に助けられて静脈内の『血』は流れることが出来ます。

腰痛対策にはマッサージや整体は有効な手段の一つとなる場合があります。
マッサージや整体などを受けると血行が回復し、疲労物質がながされ身体が軽くなったと感じます。
しかし実はその場では楽に感じても、しばらくすると元の状態に戻ってしまうことも多いです。

疲労物質、発痛物質ともに過労を防止させる身体の防衛機能と考えられます。
たまに疲れたり、痛んだりするのは身体が正常な証拠です。
身体が休みたいから疲れると感じるべです。
ゆっくり休む、睡眠をしっかりとるなどで疲労を翌日に持ち越さない努力が必要です。

私は治療院に通い続けることはオススメしありません。
理由はいくつかあるのですが、マッサージの効果の持続性に疑問があるのです。
マッサージを受けて身体が軽くなったとしても一時的です。
それならば何故高いお金を払って通い続けるのか。
理解に苦しむ。
自分自身の力で疲労物質を流せるような能力を持たないかぎり本当の腰痛対策にはならないのではないか。

腰痛対策には様々な身体の機能を知っておく必要があります。
今回は筋肉について説明します。
日々の疲れを放置していると、それが蓄積し、血行不足になり、筋肉が衰えてくます。
かばうようになるから筋肉の衰えは早くなり、痛いとよけいに使わなくなます。
使わないからますます衰えてくます。

腰痛でお悩みの方はこちらがおすすめです!
さくっと腰痛改善道

関連情報はここから⇒          
腰痛の原因と治療の悩みを解決
posted by 腰痛の対策 | 動脈
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。